脚痩せ筋トレの達人

酵素はあらゆる生命体の中に存在しています

酵素と聞いて、洗剤のCMを思い出す方もいらっしゃるかと思いますが、実は酵素はあらゆる生命体の中に存在しています。酵素とは、生命活動をしている生物に必要不可欠な物質であり、たんぱく質でできた分子です。そして私達人間にとっても、とても大切で食べた物を消化吸収したり、排せつしたり、呼吸をしたり、新陳代謝や筋肉を動かすなど様々な生命活動全てに酵素の働きが関係しています。

酵素は生命活動の源、パワーであり、健康的な生命活動に欠かせない重要な要素です。酵素が不足すると、消化不良になったり、便秘になったり、疲れやすくなったり、お肌の調子が良くなかったり、太りやすくなったり・・・と様々な体調不良を招いてしまう結果となるのです。 酵素栄養学では、酵素を大きく3つに分けています。まず体内で作られる体内酵素(体内酵素と呼ばれる)として「消化酵素」と「代謝酵素」の2つがあります。

そうして、もう一つは、私達の身体の外にある「食物酵素」です。「消化酵素」と「代謝酵素」はもちろん重要ですが、身体の外から取り入れる「食物酵素」も重要です。 なぜなら、体内酵素は、産まれた時から生産される量が決まっており、一定量以上は身体の中で追加生産が出来ない仕組みになっているからです。ですから、身体の外から、良質な「酵素」を取り入れて、毎日多量に消費される酵素を補う事が重要になってきます。

今ではドリンクも売られていますから、昔よりも手軽に酵素を取り入れることが可能になりました。 次の項目では、それぞれの酵素について詳しく内容を見ていきたいと思います。

ダイエットしていくと、部分痩せは本当に難しいと感じます。特に脚痩せは自分で達成するのが難しいですよね。脚痩せに一番効果的な方法は一体何でしょう? もちろん、食事などのカロリーに気をつけるのはもちろんですが、やはり脚に直接働きかけるのが効果的かと思います。慢性的な脚のむくみを解消するだけで、脚痩せにつながるということもありますよ。



ダイエットを決意した時

この間、私はダイエットを決意した時、自宅でもできるダイエット方法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどのトレーニングを行い、筋肉の量を増やして体内の代謝がアップしやすい状態にした後に、少し速足でウォーキングを三十分以上しました。

これを毎日続けたおかげか、2か月で5キロのダイエットができましたが、続けるのは、なかなか大変困難でした。



ダイエットの方法は様々ですが、基本的には食事と運動が大切だと思います。

食事制限と並行して運動も行なうとより一層効果的なので、毎日ストレッチやトレーニングをすればなおいいですね。



ジムを使うのも良いですし、それができそうにない人は自身でトレーニングやジョギングといった運動をするように心がけていきましょう。


人間は年を重ねていくにつれて、運動を行なう機会も減り、基礎代謝が下がっていく気がします。
それゆえか、せっかくダイエットをしても、思うように体重が軽くなりません。まず体質改善を行なわないとダメですね。

まず初めに、体を温かくするために、生姜湯からやりたいと思います。寒い冬にはもってこいの飲料ですし、これがあれば代謝アップ間違いなしでしょう。



ダイエット期間の間食は絶対にNGです。


おやつでの食べ物が、もしもスナック菓子のようなものではなくても、食べる=太るという事実を忘れないでください。
我慢のしすぎもいけませんが、一日三回の食事をきちんと食べて、あとは食事への欲求をおさえられるように体質改善ができるといいですね。出産をしてから、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、ダイエットと供に人生でしたことがなかった筋トレをしました。母乳のみで育児をしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。

その結果、半年ぐらいでだいたい元の体型に戻すことができたという結果になりました。
ダイエットをしているとき、ついケーキなどの糖分の多いものを食べたくなることが多いですが、ここはぐっとその気もちを我慢することが重要です。食べると、体重に反映されてしまいます。



もし、どうしても食べたくなったらカロリーの低いダイエットむけのケーキなどをつくることをお薦めします。
ダイエットをすすめていると自分自身に厳しい食事制限を設けてしまう人もおりますが食事を取らないなどの無理な減量は懸命です。ダイエットをしていてもひもじくなってしまったら無理せずに食事をとるようにしましょう。
できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば体重が急増したり、することもございません。

あなたが、ダイエットにより健康的に痩せたいとかんがえるなら、マラソンを実施するのが有効です。これはスイミング、ウォーキング、ジョギングといった運動です。
栄養面で考慮するのはプロテイン、つまり、質の優れたタンパク質を体に与えることです。
脂肪を燃焼指せるためにはやはりタンパク質が必須なのです。